Pat
J-GLOBAL ID:200903003156531507

換気装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 藤本 博光 (外1名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1996318312
Publication number (International publication number):1998160174
Application date: Nov. 28, 1996
Publication date: Jun. 19, 1998
Summary:
【要約】【課題】 排気と空気膜間で渦流を発生させず、排気の排出を加速させると共に排気の室内への拡散を防止するための換気装置を提供することである。【解決手段】 内部に流入された空気を上側に噴射するための空気流出孔(13a)が周縁に形成され、内部に燃焼熱又は燃焼ガス等が発生する装置(12)が配置されるエアチャンバー(13)と、エアチャンバー(13)の流出孔(13a)に対向設置され、流出孔(13a)から供給される空気を上側に噴射させる噴射ノズル(18)と、エアチャンバー(13)の一側に設置され、室内の空気をエアチャンバー(13)の内部に送風させる送風ファン(14)と、エアチャンバー(13)の上方に位置し、その内側に排気ファン(16)が設置された排気ダクト(15)とを備えて構成される。
Claim (excerpt):
内部に流入された空気を上側に噴射するための空気流出孔が周縁に形成され、内部に燃焼熱又は燃焼ガス等が発生する装置が配置されるエアチャンバーと、前記エアチャンバーの流出孔に対向設置され、流出孔から供給される空気を上側に噴射させる噴射ノズルと、前記エアチャンバーの一側に設置され、室内の空気を前記エアチャンバーの内部に送風させる送風ファンと、前記エアチャンバーの上方に位置し、その内側に排気ファンが設置された排気ダクトとを備えて構成されることを特徴とする換気装置。
IPC (2):
F24C 15/20 ,  F24F 7/06 101
FI (2):
F24C 15/20 F ,  F24F 7/06 101 Z

Return to Previous Page