Pat
J-GLOBAL ID:200903003160874451

降伏強さが低く、高伸びを有する構造用鋼およびその製造方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 田中 久喬
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1996168710
Publication number (International publication number):1998001741
Application date: Jun. 10, 1996
Publication date: Jan. 06, 1998
Summary:
【要約】【課題】 本発明は、降伏強さを低く押さえた上で、伸びを向上させた鋼およびその製造法を提供することにある。【解決手段】 重量%でC:0.005%以下、Si:0.04%以下、Mn:0.20%以下、P:0.02%以下、S:0.02%以下、Al:0.06%以下、N:0.004%以下、を含有し、さらに、Ti:0.01〜0.03%未満、Nb:0.01〜0.05%、V:0.01〜0.10%のうち1種または2種以上を含有し、残部Feおよび不可避的不純物からなり、さらに、固溶Cと固溶Nの合計が0.0030%以下とし、Ti、Nb、Vの1種または2種以上からなる元素の微小炭窒化物からなる鋼。この鋼は、圧延と熱処理条件を選定することにより、降伏強さを低く押さえた上で、伸びを向上させたものである。
Claim (excerpt):
【請求項l】 重量%でC :0.005%以下、Si :0.04%以下、Mn :0.20%以下、P :0.02%以下、S :0.02%以下、Al :0.06%以下、N :0.004%以下、を含有し、さらに、Ti :0.01〜0.03%未満、Nb :0.01〜0.05%、V :0.01〜0.10%、のうち一種または二種以上を含有し、残部Feおよび不可避的不純物からなる鋼において、さらに、固溶Cと固溶Nの合計が0.0030%以下とし、Ti、Nb、Vの1種または2種以上からなる元素の微小炭窒化物を含有することを特徴とする、板厚が6mm以上の、降伏強さが低く、高伸びを有する構造用鋼。
IPC (4):
C22C 38/00 301 ,  B21B 3/00 ,  C21D 8/00 ,  C22C 38/14
FI (4):
C22C 38/00 301 A ,  B21B 3/00 A ,  C21D 8/00 A ,  C22C 38/14

Return to Previous Page