Pat
J-GLOBAL ID:200903003174981846

フロントライト装置用導光板の製造方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2002252497
Publication number (International publication number):2004090311
Application date: Aug. 30, 2002
Publication date: Mar. 25, 2004
Summary:
【課題】製造工程を短縮するとともに傷の発生やゴミの付着を防止することができるフロントライト装置用導光板の製造方法を提供する。【解決手段】基体シート上に反射防止層が少なくとも形成された反射防止シートを金型内に設置し、金型内に透明な溶融樹脂を射出して樹脂からなる透明基板と反射防止シートとを一体化させるように構成されている。したがって、製造工程を短縮するとともに傷の発生やゴミの付着を防止することができる。【選択図】 図1
Claim (excerpt):
基体シート上に反射防止層が少なくとも形成された反射防止シートを金型内に設置し、金型内に透明な溶融樹脂を射出して樹脂からなる透明基板と反射防止シートとを一体化させることを特徴とするフロントライト装置用導光板の製造方法。
IPC (4):
B29C45/14 ,  F21V8/00 ,  G02B6/00 ,  G02F1/13357
FI (6):
B29C45/14 ,  F21V8/00 601A ,  F21V8/00 601D ,  F21V8/00 601E ,  G02B6/00 331 ,  G02F1/13357
F-Term (16):
2H038AA55 ,  2H038BA06 ,  2H091FA23X ,  2H091FA37X ,  2H091FB02 ,  2H091FC17 ,  2H091GA17 ,  2H091LA02 ,  2H091LA03 ,  2H091LA07 ,  2H091LA12 ,  4F206AG01 ,  4F206AG03 ,  4F206AH73 ,  4F206JA07 ,  4F206JB15
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (7)
Show all

Return to Previous Page