Pat
J-GLOBAL ID:200903003247826453

フォーカスサーボ装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (2): 江上 達夫 ,  中村 聡延
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2002185251
Publication number (International publication number):2004030776
Application date: Jun. 25, 2002
Publication date: Jan. 29, 2004
Summary:
【課題】対物レンズの開口数NAを高め、光源波長λを短くし記録容量の増大を図る光ディスクに対して、球面収差等の公差が存在しても、充分なデフォーカスマージンを確保できるフォーカス位置にフォーカスサーボをクローズさせ、システムが破綻しないようなフォーカスサーボ装置を提供する。【解決手段】光源から照射された光を対物レンズを介して記録媒体面に収束させるためのフォーカスサーボ装置であって、光源の波長をλ、対物レンズの開口数をNA、λ/NAで規格した記録媒体の平均ランレングス周期をRL、λ/NAで規格したトラックピッチをTP、フォーカスサーボ装置のキャプチャーレンジをCR[μm]とすると、0.114/(RL-0.72)+0.84≦CR≦18000(TP-0.69)5+3.13であることを特徴とする。【選択図】 図13
Claim 1:
光源から照射された光を、対物レンズを介して記録媒体面に収束させるためのフォーカスサーボ装置であって、 平均ランレングス周期に基づき決定される下限と、 トラックピッチに基づき決定される上限と によりフォーカスを引き込むためのキャプチャーレンジが定められていること を特徴とするフォーカスサーボ装置。
IPC (2):
G11B7/085 ,  G11B7/09
FI (2):
G11B7/085 C ,  G11B7/09 B
F-Term (7):
5D117DD01 ,  5D117FF05 ,  5D117FF06 ,  5D117GG02 ,  5D118BA01 ,  5D118CA00 ,  5D118CA11
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (6)
Show all

Return to Previous Page