Pat
J-GLOBAL ID:200903003252724278

MRI装置におけるデータ収集方法およびイメージング方法およびMRI装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 有近 紳志郎
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1994033745
Publication number (International publication number):1995241280
Application date: Mar. 03, 1994
Publication date: Sep. 19, 1995
Summary:
【要約】【目的】 非対称エコー法での位相補正を省き、画像再構成時間を短縮する。【構成】 エコー中心より時間的に前のサンプリング数をm、エコー中心より時間的に後のサンプリング数をp、k-スペースの周波数軸方向の全データ数をNとするとき、m2+Im2}の画像を生成する。【効果】 位相補正を行わないが位相歪によるアーチファクトを低減できる。非対称エコー法の利点を失わず、短いエコー時間TEに対応できる。また、従来例のような特殊な画像再構成を行わなくてもリンギングアーチファクトが無視できるぐらい小さい。位相補正を省いたため、画像再構成時間を短縮できる。高周波成分を含むため、画像分解能を上げられる。タイムオブフライト・アンジオグラフィにおいて有用である。
Claim (excerpt):
MRI装置において、エコー中心より時間的に前のサンプリング数をm、エコー中心より時間的に後のサンプリング数をp、k-スペースの周波数軸方向の全データ数をNとするとき、m Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2) Cited by examiner (2)

Return to Previous Page