Pat
J-GLOBAL ID:200903003265708549

木口面が表面となる材料の製造法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 川成 靖夫
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1995201729
Publication number (International publication number):1997029705
Application date: Jul. 14, 1995
Publication date: Feb. 04, 1997
Summary:
【要約】【目的】 導管の空隙を残しているため木口面を表面とすることにより、導管などの空隙の面積が他の板目面や柾目面に比し大きくなるため、歩行時の衝撃騒音や壁・天井面からの反響音が弱まるなどの効果を有する木口面が表面となる材料の製造法の提供を目的とする。【構成】 所定厚さの板状の輪切り集成材が合板などの基材に積層接着されている。
Claim (excerpt):
所定厚さの板状の輪切り集成材を、合板などの板状材料または柱状の角材などの基材に積層接着したことを特徴とする木口面が表面となる材料の製造法。
IPC (3):
B27D 5/00 ,  B27K 3/15 ,  B27M 3/00
FI (4):
B27D 5/00 ,  B27K 3/15 Z ,  B27M 3/00 E ,  B27M 3/00 H
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (1)
  • 特開昭49-102812

Return to Previous Page