Pat
J-GLOBAL ID:200903003286259809

ハイブリッド車両の駆動装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (2): 筒井 大和 ,  小塚 善高
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2005169237
Publication number (International publication number):2006341725
Application date: Jun. 09, 2005
Publication date: Dec. 21, 2006
Summary:
【課題】 駆動源としてエンジンと電動モータと有するハイブリッド車両の駆動装置の軸方向寸法の短縮化を図る。【解決手段】 トランスミッション12の入力軸としてのトルクコンバータ入力軸17には、エンジン10の駆動力と電動モータ11の駆動力が伝達され、電動モータ11によってエンジンの駆動力がアシストされる。トルクコンバータ入力軸17には電動モータ11のインナーロータ35が固定され、ステータ32はトランスミッション12とエンジン10との間に装着されるケース体45に取り付けられる。ステータ32はティースのそれぞれにコイル48が巻き付けられた集中巻き式であり、コイル相互間の隙間を通って径方向内方に延びる保持部材50がケース体45に設けられ、保持部材50には部品としての位相角センサ54の検出体54aが取り付けられている。【選択図】 図2
Claim (excerpt):
トランスミッションを介して駆動輪に駆動力を伝達するエンジンと、前記エンジンと前記トランスミッションとの間に配置され駆動力をアシストする電動モータとを有するハイブリッド車両の駆動装置であって、 前記トランスミッションの入力軸に固定されるインナーロータと、複数のティースのそれぞれにコイルが巻き付けられた集中巻き式のステータとにより前記電動モータを構成し、 円周方向に隣り合うコイル相互間の隙間を通って径方向内方に延びる保持部材を、前記ステータが取り付けられる円筒形状のケース体に設け、 前記ステータの径方向内方に配置される部品を前記保持部材に取り付けることを特徴とするハイブリッド車両の駆動装置。
IPC (3):
B60K 6/04 ,  B60K 17/04 ,  B60L 11/14
FI (6):
B60K6/04 171 ,  B60K6/04 120 ,  B60K6/04 531 ,  B60K6/04 730 ,  B60K17/04 G ,  B60L11/14
F-Term (21):
3D039AA04 ,  3D039AB01 ,  3D039AB27 ,  3D039AC33 ,  5H115PA01 ,  5H115PC06 ,  5H115PG04 ,  5H115PI16 ,  5H115PI29 ,  5H115PO17 ,  5H115PU10 ,  5H115PU25 ,  5H115QE10 ,  5H115QN07 ,  5H115RE03 ,  5H115SE04 ,  5H115TE05 ,  5H115TR04 ,  5H115TR07 ,  5H115UI32 ,  5H115UI40
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (4)
  • 車両用駆動装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平10-265514   Applicant:トヨタ自動車株式会社
  • ハイブリット車用駆動装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平11-084924   Applicant:アイシン・エィ・ダブリュ株式会社, トヨタ自動車株式会社
  • ハイブリッド車用駆動装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2000-292978   Applicant:アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
Show all

Return to Previous Page