Pat
J-GLOBAL ID:200903003333983715

卓球のトレーナーロボット

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1992294702
Publication number (International publication number):1994105939
Application date: Sep. 22, 1992
Publication date: Apr. 19, 1994
Summary:
【要約】【目的】 球に与える推進力を制御しつつ、ピッチを高く保つこと。打球時のアームの振れ角(±θsi)に関わりなく、球に与える回転量を等しくする。打球間隔を一定にしたり、変えたりできること。又、設置位置を複数とれることを目的としている。【構成】 モーターAは速度制御開始点と終了点とを設け、その間は速度を制御し、その範囲外は一定高速度にすることで、球に与える推進力を制御しつつ、ピッチを高く保っている。打球時のアームの振れ角(±θsi)を指定することにより、ラケット部回転速度(速率算出)を決定できるので、(±θsi)に関わらず、同じ球の回転が得られる。又、(±θsi)でのラケット部角度設定はマニュアル操作で行ない、設置位置を複数とれる。同球種の送球は、一定間隔に打球し、コンビネーション送球時には、打球間隔を変えられる、等の特徴を備えている。
Claim (excerpt):
球に与える推進力を制御した卓球のトレーナーロボット。

Return to Previous Page