Pat
J-GLOBAL ID:200903003345192543

パール光沢材及びパール光沢を有する容器並びにその製 造法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 宇高 克己
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1991291409
Publication number (International publication number):1993125199
Application date: Nov. 07, 1991
Publication date: May. 21, 1993
Summary:
【要約】【目的】 非常に均一で、きめが細かく、そして深みが有って、柔らかなパール光沢を呈し、セロテープ剥離試験においても表面剥離が起きにくい素材を提供することにある。【構成】 熱可塑性ポリエステル樹脂A50〜99重量部と、この熱可塑性ポリエステル樹脂Aとは相溶しない樹脂B50〜1重量部とが用いられて構成されてなり、厚さ方向において表層を1、内層を8、裏層を1に分割した場合、前記表層には熱可塑性ポリエステル樹脂Aが優先的に存在し、この表層における熱可塑性ポリエステル樹脂Aとは相溶しない樹脂Bの平均含有率が下記の式(1)及び(2)を満足するように構成されてなるパール光沢材。0 ≦ B<SB>s </SB>/B<SB>c </SB>< 0.95 式(1)B<SB>s </SB> < 40 式(2)B<SB>s </SB>:表層における樹脂Bの平均含有率(%)B<SB>c </SB>:内層における樹脂Bの平均含有率(%)
Claim (excerpt):
熱可塑性ポリエステル樹脂A50〜99重量部と、この熱可塑性ポリエステル樹脂Aとは相溶しない樹脂B50〜1重量部とが用いられて構成されてなり、厚さ方向において表層を1、内層を8、裏層を1に分割した場合、前記表層には熱可塑性ポリエステル樹脂Aが優先的に存在し、この表層における熱可塑性ポリエステル樹脂Aとは相溶しない樹脂Bの平均含有率が下記の式(1)及び(2)を満足するように構成されてなることを特徴とするパール光沢材。0 ≦ B<SB>s </SB>/B<SB>c </SB>< 0.95 式(1)B<SB>s </SB> < 40 式(2)B<SB>s </SB>:表層における樹脂Bの平均含有率(%)B<SB>c </SB>:内層における樹脂Bの平均含有率(%)
IPC (6):
C08J 5/00 CFD ,  B29C 49/08 ,  B65D 1/09 ,  B29K 67:00 ,  B29L 22:00 ,  C08L 67:02
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (2)
  • 特開平2-187450
  • 特開昭60-076325

Return to Previous Page