Pat
J-GLOBAL ID:200903003390656038

原子炉圧力制御装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 紋田 誠
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1997202595
Publication number (International publication number):1999038180
Application date: Jul. 14, 1997
Publication date: Feb. 12, 1999
Summary:
【要約】【課題】 原子炉圧力の圧力設定変更時の原子炉出力上昇量を小さくし、かつ圧力制御の安定性を改善する原子炉圧力制御装置を提供することにある。【解決手段】 圧力調整器9では圧力制御の安定性を重視してその制御定数を調整し、遅れ補償フィルタ10では原子炉出力上昇量を考慮して制御定数の調整を行う。これにより、圧力設定値の変更の際に最適な過渡応答を得る。
Claim (excerpt):
原子炉の圧力検出信号とその圧力設定値との圧力偏差信号に基づいて蒸気加減弁開度を調節し、前記原子炉圧力が前記圧力設定値に維持されるように制御する原子炉圧力制御装置において、前記圧力設定値の変更時に原子炉出力上昇量を低減させるための遅れ補償を前記圧力設定値に加える遅れ補償フィルタを設け、前記圧力設定値の変更の際に最適な過渡応答を得るようにしたことを特徴とした原子炉圧力制御装置。
IPC (2):
G21D 3/00 GDB ,  G21D 3/08 GDB
FI (2):
G21D 3/00 GDB A ,  G21D 3/08 GDB D

Return to Previous Page