Pat
J-GLOBAL ID:200903003407458359

給湯装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (3): 岩橋 文雄 ,  内藤 浩樹 ,  永野 大介
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2005296300
Publication number (International publication number):2007107745
Application date: Oct. 11, 2005
Publication date: Apr. 26, 2007
Summary:
【課題】給湯用熱交換器と潜熱回収用熱交換器の組み合わせで給湯と暖房と風呂を単一の熱源とし、器具の小型化・軽量化・高効率化を図る。【解決手段】給湯用熱交換器15と、潜熱回収用熱交換器16とを備え、前記給湯用熱交換器15と潜熱回収用熱交換器16を直列に接続して、給水路1から潜熱回収用熱交換器16を通り給湯用熱交換器15を経て出湯路3に至る給湯回路を形成するとともに、前記出湯路3から分岐し循環ポンプ17、逆止弁27を備え、湯水を利用側熱交換器18に供給した後、前記潜熱回収用熱交換器16へ戻し、給湯用熱交換器15を通り再度利用側熱交換器18に至る給湯循環回路19を形成し、前記給湯回路を利用するか、または、給湯循環回路を利用するか、または、給湯回路と給湯循環回路を同時に利用するか、を選択できるようにした。【選択図】図1
Claim 1:
給水路より供給される水をバーナの燃焼により加熱し出湯路に湯水を供給する給湯用熱交換器と、前記バーナの燃焼排ガス経路中に配置し燃焼排ガスの潜熱を回収する潜熱回収用熱交換器とを備え、前記給湯用熱交換器と潜熱回収用熱交換器を直列に接続して、給水路から潜熱回収用熱交換器を通り給湯用熱交換器を経て出湯路に至る給湯回路を形成するとともに、前記出湯路から分岐して利用側熱交換器を経由して給水路と接続して、湯水を潜熱回収用熱交換器から給湯用熱交換器を通り利用側熱交換器へ供給する給湯循環回路と、前記給湯循環回路に湯水を供給するための循環ポンプと、前記給湯循環回路の給水路との接続前に給湯循環回路に湯水が逆流するのを防止する逆止弁を有し、前記給湯回路を利用するか、または、給湯循環回路を利用するか、または、給湯回路と給湯循環回路を同時に利用するか、を選択できるようにした給湯装置。
IPC (3):
F24H 1/10 ,  F24H 1/14 ,  F24D 3/08
FI (3):
F24H1/10 303Z ,  F24H1/14 B ,  F24D3/08 J
F-Term (5):
3L034BA25 ,  3L034BB03 ,  3L034EA01 ,  3L070BB03 ,  3L070BC02
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2)
  • 給湯装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2001-063337   Applicant:大阪瓦斯株式会社, 株式会社ハーマン企画
  • 給湯装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2001-070297   Applicant:大阪瓦斯株式会社, 株式会社ハーマン企画

Return to Previous Page