Pat
J-GLOBAL ID:200903003429341684

分水栓付分岐サドル

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 森田 寛
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1999016913
Publication number (International publication number):2000213680
Application date: Jan. 26, 1999
Publication date: Aug. 02, 2000
Summary:
【要約】【課題】 熱融着サドルとバルブとの接続を機械的に行うだけで漏水や相対回転の生じることのない構造とした分水栓付分岐サドルを提供する。【解決手段】 配水管に熱融着することのできる熱融着サドルと、熱融着サドル分岐管に取り付けられた分岐口付きバルブを有する分水栓付分岐サドルで、熱融着サドル分岐管とバルブ接続管とはその一方が他方の内側に挿入されていて、熱融着サドル分岐管をバルブ接続管に対して拡管あるいは縮径して固定されているとともに、熱融着サドル分岐管とバルブ接続管のうち挿入されている側の管外周面の他方の管の端部近くの内面と対向する部分に円周方向に凹凸が設けられていて、この他方の管の端部内面に前記凹凸とはまり合う凸凹が設けられている。
Claim (excerpt):
配水管に熱融着によって取り付けられる熱融着サドルと、熱融着サドル分岐管に取り付けられた分岐口付きバルブを有する分水栓付分岐サドルにおいて、熱融着サドル分岐管とバルブ接続管とはその一方が他方の内側に挿入されていて、熱融着サドル分岐管をバルブ接続管に対して拡管あるいは縮径して固定されているとともに、熱融着サドル分岐管とバルブ接続管のうち挿入されている側の管外周面の他方の管の端部近くの内面と対向する部分に円周方向に凹凸が設けられていて、この他方の管の端部内面に前記凹凸とはまり合う凸凹が設けられていることを特徴とする分水栓付分岐サドル。
F-Term (5):
3H019AA04 ,  3H019BA04 ,  3H019BB02 ,  3H019FA14 ,  3H019GA02

Return to Previous Page