Pat
J-GLOBAL ID:200903003429463739

土質改良材

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (2): 菊池 新一 ,  菊池 徹
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2004166537
Publication number (International publication number):2005344031
Application date: Jun. 04, 2004
Publication date: Dec. 15, 2005
Summary:
【課題】 建設発生土および汚泥の再利用の分野で使用される低強度で、かつPHが高くなり過ぎない土質改良材をより経済的に提供することである。【解決手段】 可溶性のシリカとカルシウムを含有しているペーパスラッジ若しくは木、木炭、紙、藁、籾殻及び草木の焼却灰を15重量%から60重量%、ポルトランドセメントを20重量%から60重量%、高炉スラグ微粉末を10重量%から40重量%、石膏を0重量%から10重量%からなる土質改良材。
Claim (excerpt):
ペーパスラッジ若しくは木、木炭、紙、藁、籾殻及び草木の焼却灰を15重量%から60重量%、ポルトランドセメントを20重量%から60重量%、高炉スラグ微粉末を10重量%から40重量%、石膏を0重量%から10重量%からなることを特徴とする土質改良材。
IPC (4):
C09K17/02 ,  C02F11/00 ,  C09K17/06 ,  C09K17/10
FI (4):
C09K17/02 P ,  C02F11/00 101Z ,  C09K17/06 P ,  C09K17/10 P
F-Term (16):
4D059AA09 ,  4D059BE53 ,  4D059BG00 ,  4D059BJ00 ,  4D059CC01 ,  4D059CC04 ,  4D059DA06 ,  4D059DA64 ,  4D059DA67 ,  4D059DA70 ,  4H026CA01 ,  4H026CA04 ,  4H026CA05 ,  4H026CA06 ,  4H026CB01 ,  4H026CC02
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (5)
Show all
Cited by examiner (4)
Show all

Return to Previous Page