Pat
J-GLOBAL ID:200903003441746673

沸騰水型原子炉用燃料集合体

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 佐藤 正年 (外1名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1999354391
Publication number (International publication number):2001166079
Application date: Dec. 14, 1999
Publication date: Jun. 22, 2001
Summary:
【要約】【課題】 沸騰水型原子炉用燃料集合体を構成する燃料棒の冷却材に対する熱の伝達を促進し、そのことによって燃料集合体の限界出力特性を向上させ、高出力で運転しても燃料棒が焼損(バーンアウト)することのない燃料集合体を得る。【解決手段】 複数本の燃料棒と該燃料棒よりも太径の水管がチャンネルボックスの四辺のうち炉心内配置状態において制御棒に隣接する二辺から遠ざかるように反制御棒側へ偏心配置されている沸騰水型原子炉用燃料集合体において、記正方格子配列の最外周に配置された燃料棒のうち前記制御棒に隣接する二辺に対面する燃料棒とチャンネルボックス内壁面との間のギャップを、反制御棒側の二辺に対面する燃料棒とチャンネルボックス内壁面とのギャップよりも広くしたもの。
Claim (excerpt):
複数本の燃料棒と該燃料棒よりも太径の水管とを含む棒状要素を正方格子状に配列して複数のスペーサにより長手方向に間隔を開けた複数箇所で支持した燃料バンドルを上下のタイプレートで保持して方形断面形状のチャンネルボックス内に収容した沸騰水型原子炉用燃料集合体であって、前記水管がチャンネルボックスの四辺のうち炉心内配置状態において制御棒に隣接する二辺から遠ざかるように反制御棒側へ偏心配置されているものにおいて、前記正方格子配列の最外周に配置された燃料棒のうち前記制御棒に隣接する二辺に対面する燃料棒とチャンネルボックス内壁面との間のギャップを、反制御棒側の二辺に対面する燃料棒とチャンネルボックス内壁面とのギャップよりも広くしたことを特徴とする沸騰水型原子炉用燃料集合体。

Return to Previous Page