Pat
J-GLOBAL ID:200903003486286428

カラー画像処理装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 森本 義弘
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1992304233
Publication number (International publication number):1994165209
Application date: Nov. 16, 1992
Publication date: Jun. 10, 1994
Summary:
【要約】【目的】照明やカメラの特性に影響されずに安定した検出性能を得る。【構成】色サンプル3をカラー撮像する撮像部1からのカラー映像信号を入力値に比例して変換する映像信号変換部4で変換された映像信号を画像メモリ部5に記憶し、指定された領域の画像を色抽出部6で画像メモリ部5から色レベルを抽出し、制御部8により、マスターとなるカメラおよび照明で色サンプル3を撮像したときの記憶部7に記憶された色レベルと、映像信号変換部4の変換係数を1としたときに色抽出部6で抽出される色サンプルの色レベルとの比に記憶部7に記憶された重み係数をかけて映像信号の変換係数を算出するので、撮像部1から入力した映像信号を映像信号変換部4において、マスターとなるカメラおよび照明で撮像したときと同じレベルとなるようにゲイン変換がなされ、特性の異なるカメラおよび照明を用いても同じレベルの映像信号が得られる。
Claim (excerpt):
カラーカメラを用いて対象物を撮像し、そのカラー映像信号のR,G,B成分の比(色レベル)を解析して対象物を検出するカラー画像処理装置であって、R,G,Bおよびその中間色を含む色サンプルをカラー撮像し、そのカラー映像信号を出力する撮像部と、このカラー映像信号を入力し、この入力されたカラー映像信号のR,G,B成分のそれぞれの値を入力値に比例して変換する映像信号変換部と、この映像信号変換部で変換された映像信号を入力して記憶する画像メモリ部と、指定された領域の画像を前記画像メモリ部から抽出し、前記指定領域画像の色レベルを抽出する色抽出部と、マスターとなるカメラおよび照明で色サンプルを撮像したときの色レベルおよび、この色レベルを用いて前記映像信号変換部の変換係数を算出するための重み係数を記憶している記憶部と、前記映像信号変換部の変換係数を1としたときに前記色抽出部で抽出される前記色サンプルの色レベルと前記記憶部に記憶された色レベルとの比に前記記憶部に記憶された重み係数をかけてカラー映像信号の変換係数を算出する制御部とを備えたカラー画像処理装置。
IPC (2):
H04N 9/73 ,  H04N 9/64

Return to Previous Page