Pat
J-GLOBAL ID:200903003573446954

生体用電極

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 村井 隆
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1996110167
Publication number (International publication number):1997271467
Application date: Apr. 05, 1996
Publication date: Oct. 21, 1997
Summary:
【要約】【課題】 生体皮膚への貼り付け及び皮膚からの引き剥がしを容易とし、製造時、製品保管、取り扱い時にパットの剥がれ、不要部分への付着等が発生しないようにして不良品の発生を防止する。【解決手段】 電極部3を設けた不織布粘着テープのパット21の粘着面に剥離紙22を被着してなる生体用電極において、前記パット21の外縁より外側に延在する如く当該パットの表側面に樹脂フィルム30を熱圧着し、該樹脂フィルム30の先端30aをつまんで容易に引き剥がし可能とした構成である。
Claim 1:
電極部を設けたパットの粘着面に剥離紙を被着してなる生体用電極において、前記パットの外縁より外側に延在する如く当該パットの表側面に樹脂フィルムを接着したことを特徴とする生体用電極。

Return to Previous Page