Pat
J-GLOBAL ID:200903003580690364

ホースポンプ

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 山田 正紀 (外2名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2001348572
Publication number (International publication number):2003148360
Application date: Nov. 14, 2001
Publication date: May. 21, 2003
Summary:
【要約】【課題】本発明は、液流路に配備された可撓性のホースを備え、そのホースの一部を潰して液流の上流側から下流側に向かって扱くことにより液を下流側に送るホースポンプに関し、ホースの寿命を延ばす。【解決手段】下流側にエアーチャンバ20を配備して圧力ハンチングを抑える。
Claim (excerpt):
液流路に配備された可撓性のホースと、該ホースの一部を潰して液流の上流側から下流側に向かって扱くことにより下流側に送る液送り機構と、該液流路の、該液送り機構の下流側に配備された、内部に、該液流路につながる液溜まりと該液溜まりの上部に空気溜まりとが形成されたエアチャンバとを備えたことを特徴とするホースポンプ。
IPC (2):
F04C 5/00 341 ,  F04C 15/00
FI (2):
F04C 5/00 341 Z ,  F04C 15/00 F
F-Term (9):
3H044AA00 ,  3H044BB08 ,  3H044CC11 ,  3H044CC18 ,  3H044DD01 ,  3H044DD05 ,  3H044DD11 ,  3H044DD14 ,  3H044DD21

Return to Previous Page