Pat
J-GLOBAL ID:200903003625969497

ドアロック装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 阿部 和夫 (外2名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1999366078
Publication number (International publication number):2001182399
Application date: Dec. 24, 1999
Publication date: Jul. 06, 2001
Summary:
【要約】【課題】 ドアロック解除用のモータの駆動力を利用して操作者の負担を軽減した上、操作性を大幅に向上させることができるドアロック装置を提供すること。【解決手段】 バックドアの開閉操作用の操作部材が操作されたときにオンとなるハンドルスイッチ31と、ドアが所定の閉じ範囲内にまで閉じられているときにオンとなるオープンスイッチ16と、ハンドルスイッチ31とオープンスイッチ16が共にオンのときに形成されてドアロック解除用のモータ25を駆動する駆動回路と、その駆動回路の形成状態を保持しかつオープンスイッチ16のオフによって駆動回路の形成状態の保持を解く自己保持回路とを備えた。
Claim (excerpt):
ドアのロックおよびロック解除が可能なロック機構と、モータの駆動時に前記ロック機構によるドアのロックを解除させるロック解除機構と、を備えたドアロック装置であって、前記ドアの開閉操作用の操作部材が操作されたことを検出する第1の検出手段と、前記ドアが所定の閉じ範囲内にまで閉じられていることを検出する第2の検出手段と、前記第2の検出手段による検出期間中は、前記第1の検出手段が前記操作部材の操作を検出したときから前記モータを継続的に駆動させ、前記第2の検出手段による非検出期間中は前記モータの駆動を止める制御手段と、を備えたことを特徴とするドアロック装置。
F-Term (16):
2E250AA21 ,  2E250HH01 ,  2E250JJ49 ,  2E250KK02 ,  2E250LL05 ,  2E250PP04 ,  2E250PP05 ,  2E250PP11 ,  2E250PP12 ,  2E250PP13 ,  2E250PP15 ,  2E250QQ02 ,  2E250RR13 ,  2E250RR57 ,  2E250SS01 ,  2E250SS05
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)

Return to Previous Page