Pat
J-GLOBAL ID:200903003654471368

燃料遮断弁装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 玉城 信一
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2002312010
Publication number (International publication number):2004144051
Application date: Oct. 28, 2002
Publication date: May. 20, 2004
Summary:
【課題】本願発明の目的は、燃料タンクへの給油時に燃料遮断弁装置が早めに閉鎖し給油途中で給油が停止したり、燃料の一部がキャニスタ側に排出することのない燃料遮断弁装置を提供すること。【解決手段】ケーシングと、該ケーシング内に上下動自在に設けられるフロートと、該フロートの上部に設けられる弁体と、該弁体の下流側に連通される通気通路と、前記フロートの下方に設けられ燃料タンク内に位置する少なくとも1つ以上の開口とを有する燃料遮断弁装置において、前記フロート下部にフロートより大きい壁体を設置するものであり、また、その壁体は、フロート側面下部まで延設したもの、スナップフィットで前記ケーシングに組み付けるもの、或いは下面に突状部を設けるものであっても良い。【選択図】 図1
Claim (excerpt):
ケーシングと、該ケーシング内に上下動自在に設けられるフロートと、該フロートの上部に設けられる弁体と、該弁体の下流側に連通される通気通路と、前記フロートの下方に設けられ燃料タンク内に位置する少なくとも1つ以上の開口とを有する燃料遮断弁装置において、前記フロート下部にフロートより大きい壁体を設置することを特徴とする燃料遮断弁装置。
IPC (1):
F02M37/00
FI (3):
F02M37/00 J ,  F02M37/00 301F ,  F02M37/00 311A
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (4)
Show all

Return to Previous Page