Pat
J-GLOBAL ID:200903003659187072

フォークリフト

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (4): 岡田 英彦 ,  福田 鉄男 ,  犬飼 達彦 ,  石岡 隆
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2004359829
Publication number (International publication number):2006168848
Application date: Dec. 13, 2004
Publication date: Jun. 29, 2006
Summary:
【課題】動作順序を制限することなく、コンテナロック装置の開錠を忘れてコンテナと一緒に貨車を持ち上げてしまっても、レールに対して脱線させることなく元通りの位置により容易に降ろすことができるフォークリフトを提供する。【解決手段】マスト20に備えたフォーク24を上下に移動可能な昇降装置22と、昇降装置22の動作の指示を入力可能な昇降操作手段LEと、マスト20の前傾及び後傾角度を調整可能なティルト装置32と、ティルト装置32の動作の指示を入力可能なティルト操作手段LTとを備えたフォークリフトであって、昇降操作手段LEによる昇降装置22の動作と、ティルト操作手段LTによるティルト装置32の動作とを同時に動作させることを制限する制限装置40を備える。【選択図】図1
Claim (excerpt):
マストに備えたフォークを上下に移動可能な昇降装置と、 昇降装置の動作の指示を入力可能な昇降操作手段と、 マストの前傾及び後傾角度を調整可能なティルト装置と、 ティルト装置の動作の指示を入力可能なティルト操作手段とを備えたフォークリフトであって、 昇降操作手段による昇降装置の動作と、ティルト操作手段によるティルト装置の動作とを同時に動作させることを制限する制限装置を備える、 ことを特徴とするフォークリフト。
IPC (2):
B66F 9/24 ,  B66F 9/08
FI (2):
B66F9/24 Z ,  B66F9/08 E
F-Term (12):
3F333AA02 ,  3F333AB13 ,  3F333AE02 ,  3F333BB02 ,  3F333BD02 ,  3F333BE02 ,  3F333DA10 ,  3F333DB10 ,  3F333FA34 ,  3F333FB10 ,  3F333FH08 ,  3F333FH10
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)
  • 実開平6-45996号公報

Return to Previous Page