Pat
J-GLOBAL ID:200903003660169100

膜分離プロセスにおける消毒副生成物の低減化方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1996117663
Publication number (International publication number):1997029075
Application date: May. 13, 1996
Publication date: Feb. 04, 1997
Summary:
【要約】【目的】 殺菌剤として二酸化塩素を添加した被処理水を逆浸透膜モジュールに供給して透過水と濃縮水に分離するプロセスにおいて、透過水および濃縮水中の消毒副生成物を低減化するための方法を提供する。【構成】 殺菌剤として二酸化塩素を添加した被処理水を逆浸透膜モジュールに供給して透過水と濃縮水に分離するプロセスにおいて、透過水および/または濃縮水に還元剤を添加することを特徴とする膜分離プロセスにおける消毒副生成物の低減化方法であり、より効果を上げるために被処理水や透過水、濃縮水のpH調整を実施し、その後還元剤を添加することを特徴とする消毒副生成物の低減化方法。
Claim (excerpt):
殺菌剤として二酸化塩素を添加した被処理水を逆浸透膜モジュールに供給して透過水と濃縮水に分離するプロセスにおいて、透過水および/または濃縮水に還元剤を添加することを特徴とする膜分離プロセスにおける消毒副生成物の低減化方法。
IPC (18):
B01D 65/02 500 ,  B01D 61/02 500 ,  B01D 61/04 ,  B01D 71/16 ,  C02F 1/44 ,  C02F 1/50 510 ,  C02F 1/50 520 ,  C02F 1/50 531 ,  C02F 1/50 540 ,  C02F 1/50 550 ,  C02F 1/50 ,  C02F 1/50 560 ,  C02F 1/66 510 ,  C02F 1/66 522 ,  C02F 1/66 530 ,  C02F 1/66 540 ,  C02F 1/66 ,  C02F 1/70
FI (19):
B01D 65/02 500 ,  B01D 61/02 500 ,  B01D 61/04 ,  B01D 71/16 ,  C02F 1/44 G ,  C02F 1/50 510 A ,  C02F 1/50 520 F ,  C02F 1/50 531 M ,  C02F 1/50 540 A ,  C02F 1/50 550 C ,  C02F 1/50 550 D ,  C02F 1/50 560 E ,  C02F 1/66 510 Z ,  C02F 1/66 522 A ,  C02F 1/66 530 C ,  C02F 1/66 540 D ,  C02F 1/66 540 G ,  C02F 1/66 540 H ,  C02F 1/70 Z

Return to Previous Page