Pat
J-GLOBAL ID:200903003669036730

有害廃棄物処理用薬剤の製造方法及びそれを用いる処理方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 吉嶺 桂 (外1名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1995085904
Publication number (International publication number):1996252559
Application date: Mar. 20, 1995
Publication date: Oct. 01, 1996
Summary:
【要約】【目的】 廃棄物に含有される有害な重金属の溶出を簡単に、安価で長期にわたり安定して防止でき、取扱いの容易な処理薬剤の製造方法とそれを用いた処理方法を提供する。【構成】 複数の結晶水を含む多価金属イオンの塩(含水塩)を加熱処理したことを特徴とする有害廃棄物処理用薬剤の製造方法としたものであり、加熱処理は、含水塩から一個以上の結晶水が遊離する温度以上で行い、加熱処理後に粉砕処理するのがよいし、また、該薬剤と水を有害廃棄物に添加して混練し、含湿状態ないしペースト状態として処理できる。
Claim (excerpt):
複数の結晶水を含む多価金属イオンの塩(含水塩)を加熱処理したことを特徴とする有害廃棄物処理用薬剤の製造方法。
IPC (4):
B09B 3/00 ,  B09B 3/00 ZAB ,  C01G 49/14 ,  C02F 11/00
FI (4):
B09B 3/00 304 G ,  C01G 49/14 ,  C02F 11/00 J ,  B09B 3/00 ZAB
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (7)
  • 産業廃棄物処理材
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平3-305303   Applicant:株式会社エンテック研究所
  • 特開昭54-060773
  • 特開平3-109984
Show all

Return to Previous Page