Pat
J-GLOBAL ID:200903003670114834

有機エレクトロルミネッセント素子

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (3): 岩橋 文雄 ,  坂口 智康 ,  内藤 浩樹
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2003407220
Publication number (International publication number):2005166585
Application date: Dec. 05, 2003
Publication date: Jun. 23, 2005
Summary:
【課題】表示用途等に用いられる低輝度から光源用途等の高輝度まで幅広い範囲で駆動され、幅広い輝度の範囲にわたって安定に動作し、かつ寿命特性に優れた有機EL素子を提供する。【解決手段】基板1上に陽極2が形成され、陰極5との間に、少なくとも1種類の共役系高分子物質からなる発光層4と、主にカーボン薄膜によって形成された電荷注入層3とが形成されている。電荷注入層3と発光層4との間には、電子を発光層4内に留まらせるための電子ブロック層が配置されていても良い。【選択図】図1
Claim (excerpt):
少なくとも一組の電荷注入電極を備え、該電荷注入電極間には少なくとも1種類の共役系高分子物質からなる発光層と、主にカーボンからなる薄膜によって形成された電荷注入層を有することを特徴とする有機エレクトロルミネッセント素子。
IPC (2):
H05B33/14 ,  C09K11/06
FI (3):
H05B33/14 B ,  C09K11/06 680 ,  C09K11/06 690
F-Term (5):
3K007AB02 ,  3K007AB03 ,  3K007AB11 ,  3K007DB03 ,  3K007FA01
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (3) Cited by examiner (2)

Return to Previous Page