Pat
J-GLOBAL ID:200903003679425360

縦型充填包装機

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (3): 宮崎 昭夫 ,  伊藤 克博 ,  石橋 政幸
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2004135826
Publication number (International publication number):2005313962
Application date: Apr. 30, 2004
Publication date: Nov. 10, 2005
Summary:
【課題】 筒状フィルムを移動させずに熱シール、冷却、および切断を行って熱シール部を良好に形成することができ、しかも、外形形状の異なる多種類の包装袋を製造することができる縦型充填包装機を提案する。【解決手段】 縦型充填包装機は、筒状フィルム60を間において対向配置され、筒状フィルム60に扁平部60aを形成しながら筒状フィルム60を下方に搬送する一対の扁平部形成ローラと、その扁平部60aを幅方向に熱シールするためのヒータバー31およびヒータバー受け32を備えたシール機構と、そのシール機構より下方に配置され、熱シールされた横シール部65を冷却するための一対の冷却バー34a、34bおよび横シール部65を切断するためのカッター35を備えた切断機構と、上記シール機構と切断機構とを一体に保持し、それらを筒状フィルム60の搬送方向に沿って一体に移動させる駆動機構とを有する。【選択図】 図6
Claim (excerpt):
筒状フィルムを間において対向配置され、前記筒状フィルムを挟みつつ回転することにより前記筒状フィルムに扁平部を形成しながら前記筒状フィルムを下方に搬送する一対の扁平部形成ローラと、 前記筒状フィルムに形成した前記扁平部をその幅方向に熱シールするためのヒータバーおよびヒータバー受けを備えたシール機構と、 前記シール機構より下方に配置され、前記シール機構によって熱シールされた熱シール部を冷却するための一対の部材および前記熱シール部を切断するためのカッターを備えた切断機構と、 前記シール機構と前記切断機構とを一体に保持し、前記シール機構と前記切断機構とを前記筒状フィルムの搬送方向に沿って一体に移動させる駆動機構とを有する縦型充填包装機。
IPC (3):
B65B51/10 ,  B65B9/12 ,  B65B51/32
FI (4):
B65B51/10 W ,  B65B51/10 Q ,  B65B9/12 ,  B65B51/32
F-Term (31):
3E050AA02 ,  3E050BA01 ,  3E050BA02 ,  3E050CA01 ,  3E050CA02 ,  3E050CB03 ,  3E050DC02 ,  3E050DE01 ,  3E050DF01 ,  3E050DF10 ,  3E050DH02 ,  3E050DH04 ,  3E050FA01 ,  3E050FB01 ,  3E050FB07 ,  3E050FC01 ,  3E050FC10 ,  3E050GB02 ,  3E050GC01 ,  3E050JA03 ,  3E094AA13 ,  3E094BA01 ,  3E094CA06 ,  3E094DA08 ,  3E094EA03 ,  3E094FA14 ,  3E094FA19 ,  3E094FA21 ,  3E094HA02 ,  3E094HA08 ,  3E094HA11
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (14)
Show all
Cited by examiner (4)
Show all

Return to Previous Page