Pat
J-GLOBAL ID:200903003693101551

接続部材

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 津久井 照保
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2007219391
Publication number (International publication number):2009050427
Application date: Aug. 27, 2007
Publication date: Mar. 12, 2009
Summary:
【課題】ロックリングの緩み方向の回転に抵抗力を発生させて緩みを防止することができる接続部材を提供する。【解決手段】筒体のチューブ挿入部7の基端部分の拡径部8に段差面を環状に形成し、段差面にオスコネクタ側係合突起10を形成したオスコネクタ2と、一方の端部開口部からオスコネクタを挿入可能な筒体であって、オスコネクタの段差面が当接可能な当接部18を形成し、内周面には、接続対象の雄ねじ部に螺合可能な雌ねじ部19を形成したロックリング3とを備え、ロックリングの当接部にロックリング側係合突起20が形成され、ロックリングの雌ねじ部を接続対象の雄ねじ部に螺合した状態でロックリングがロック方向に回転されると、ロックリング側係合突起の頂部がオスコネクタ側係合突起の頂部上を摺動しつつ乗り越えて、ロックリングの回転が止まる所定位置まで絞め込まれることでロック状態となるようにした。【選択図】図1
Claim (excerpt):
筒体の一方に接続対象に挿入する接続挿入部を形成し、他方にチューブ挿入部を形成し、該チューブ挿入部の基端部分に、当該基端部分の外径を当該チューブ挿入部の他の部分の外径よりも大きく設定した拡径部を形成すると共に、該拡径部とチューブ挿入部との間に段差面を環状に形成したオスコネクタと、 オスコネクタよりも短尺で、一方の端部開口部からオスコネクタを挿入可能な筒体であって、他方の端部開口部は、オスコネクタのチューブ挿入部の挿通を許容して拡径部の通過を阻止する大きさに設定され、この開口部を囲繞する状態でオスコネクタの段差面が当接可能な内向きフランジ状の当接部を形成し、内周面には、接続対象に形成された雄ねじ部に螺合可能な雌ねじ部を形成したロックリングと、 を備え、 前記オスコネクタは、段差面にオスコネクタ側係合突起が形成され、 前記ロックリングは、当接部に、当該ロックリングがオスコネクタに対して相対的に回転したときに前記係合突起に対向可能な位置にロックリング側係合突起が形成され、 ロックリングの雌ねじ部が接続対象の雄ねじ部に螺合した状態でロックリングが相対的にロック方向に回転されると、ロックリング側係合突起の頂部がオスコネクタ側係合突起の頂部上を摺動しつつ乗り越えて、ロックリングの回転が止まる所定位置まで絞め込まれることでロック状態となるようにしたことを特徴とする接続部材。
IPC (2):
A61M 39/02 ,  A61M 39/00
FI (2):
A61M5/14 459F ,  A61M25/00 320D
F-Term (16):
4C066AA09 ,  4C066BB01 ,  4C066CC01 ,  4C066FF01 ,  4C066JJ03 ,  4C066JJ05 ,  4C066JJ10 ,  4C167AA04 ,  4C167AA33 ,  4C167BB11 ,  4C167BB12 ,  4C167BB18 ,  4C167BB19 ,  4C167BB34 ,  4C167BB40 ,  4C167HH20
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (5)
Show all
Cited by examiner (2)
  • 特開平2-142074
  • 特開平4-351392

Return to Previous Page