Pat
J-GLOBAL ID:200903003726722573

エアバッグ用ガス発生剤

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 梶 良之
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1996299668
Publication number (International publication number):1998130086
Application date: Oct. 23, 1996
Publication date: May. 19, 1998
Summary:
【要約】【課題】 硝酸アンモニウム及びアミノテトラゾールを主成分とする従来のガス発生剤では避けられなかった高濃度有毒ガスの発生を、人体に影響のない程度にまで抑制することができ、従来のガス発生剤の長所を生かしつつ安全面で信頼性の高いガス発生剤を提供する。【解決手段】 次の(a)〜(c)記載の各成分を含有することを特徴とするエアバッグ用ガス発生剤。(a)硝酸アンモニウムを必須成分として含有する酸化剤:75〜65重量%(b)アミノテトラゾール:25〜35重量%(c)賦形剤:0〜10重量%
Claim (excerpt):
次の(a)〜(c)記載の各成分を含有することを特徴とするエアバッグ用ガス発生剤。(a)硝酸アンモニウムを必須成分として含有する酸化剤:75〜65重量%(b)アミノテトラゾール:25〜35重量%(c)賦形剤:0〜10重量%
IPC (4):
C06D 5/00 ,  C06B 31/28 ,  C06B 45/08 ,  C06D 5/06
FI (4):
C06D 5/00 Z ,  C06B 31/28 ,  C06B 45/08 ,  C06D 5/06

Return to Previous Page