Pat
J-GLOBAL ID:200903003735620627

圧縮機

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (3): 山崎 宏 ,  田中 光雄 ,  仲倉 幸典
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2008129262
Publication number (International publication number):2009275649
Application date: May. 16, 2008
Publication date: Nov. 26, 2009
Summary:
【課題】油溜まり部の油面切れを防止する圧縮機を提供する。【解決手段】密閉容器1の内径の面積から全ての油戻り通路43の総面積を差し引いた値を基に算出した等価直径A1を、密閉容器1の内径で割った値は、96%以下である。【選択図】図2
Claim (excerpt):
油溜まり部(10)を有する密閉容器(1)と、 この密閉容器(1)内に配置された圧縮機構部(2)と、 上記密閉容器(1)内に配置されると共に上記圧縮機構部(2)を駆動するモータ(3)と を備え、 上記モータ(3)のステータ(40,140,240)は、上記油溜まり部(10)側にある上記ステータ(40,140,240)の一面(40a)と上記油溜まり部(10)と反対側にある上記ステータ(40,140,240)の他面(40b,140b,240b)とを貫通する複数の油戻り通路(43,143,243)を有し、 上記ステータ(40,140,240)の上記他面(40b,140b,240b)において、 上記密閉容器(1)の内径の面積から上記全ての油戻り通路(43,143,243)の総面積を差し引いた値を基に算出した等価直径(A1,A2,A3)を、上記密閉容器(1)の内径で割った値は、96%以下であることを特徴とする圧縮機。
IPC (3):
F04C 29/02 ,  F04C 29/00 ,  F04C 18/32
FI (4):
F04C29/02 321A ,  F04C29/02 311A ,  F04C29/00 B ,  F04C18/32
F-Term (22):
3H029AA04 ,  3H029AA13 ,  3H029AB03 ,  3H029AB05 ,  3H029BB03 ,  3H029BB06 ,  3H029BB33 ,  3H029BB50 ,  3H029CC09 ,  3H029CC32 ,  3H029CC55 ,  3H129AA04 ,  3H129AA13 ,  3H129AB03 ,  3H129AB05 ,  3H129BB03 ,  3H129BB06 ,  3H129BB33 ,  3H129BB50 ,  3H129CC09 ,  3H129CC32 ,  3H129CC55
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)
  • 密閉型圧縮機
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2002-061665   Applicant:ダイキン工業株式会社

Return to Previous Page