Pat
J-GLOBAL ID:200903003804659336

端面励起型固体レーザ

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 内原 晋
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1991043105
Publication number (International publication number):1994045669
Application date: Mar. 08, 1991
Publication date: Feb. 18, 1994
Summary:
【要約】【目的】端面励起型固体レーザの部品数を減らして小型化にし、光学アライメントを容易にする。【構成】固体レーザ結晶の光ファイバ側の面と出力ミラーによりレーザ共振器を構成している。このレーザ共振器の光軸と、光ファイバの光軸が一致するように、光ファイバの端面を固体レーザ結晶に密着、あるいは近接させる。光ファイバの反対側の端面より励起光を結合、導波させ、固体レーザを励起することによって出力を得ている。
Claim (excerpt):
レーザ共振器内に固体レーザ結晶を含み、前記固体レーザ結晶の少なくとも1面によって前記レーザ共振器のミラーを構成し、レーザ共振器の光軸にそって前記レーザ共振器の前記固体レーザ側の外部から励起光を照射し固体レーザを励起する端面励起型固体レーザにおいて、励起光を導波させる光ファイバを設け、前記光ファイバの出力側の端面を固体レーザ結晶に密着させるか少なくとも近接させ、前記端面より放射される励起光により固体レーザを励起することを特徴とする端面励起型固体レーザ。
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (7)
  • 特開平2-150087
  • 特開昭56-024989
  • 特開平2-216879
Show all

Return to Previous Page