Pat
J-GLOBAL ID:200903003812487331

分布定数型RC素子とそれを用いたフィルタおよび電子機器

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 岡田 全啓
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2001147568
Publication number (International publication number):2002344272
Application date: May. 17, 2001
Publication date: Nov. 29, 2002
Summary:
【要約】【課題】 抵抗値や容量値を正確な値に調整することができ、しかも容易に製造することができる分布定数型RC素子とそれを用いたフィルタおよび電子機器を得る。【解決手段】 アルミナ基板12の一方面上に、トランジスタや抵抗層などによって回路を形成する。アルミナ基板12の他方面上に、第1の線路40、第2の線路52および第3の線路58からなる分布定数型RC素子38を形成し、アルミナ基板12の一方面上の回路に接続する。第1の線路40は抵抗として用いられ、第2の線路52、第3の線路58は電極として用いられる。第1の線路40によって分布抵抗が生じ、第1の線路40と第2の線路52との間および第1の線路40と第3の線路58との間に分布容量が生じる。これらの線路の厚み、幅、長さ、および各電極間の間隔を調整することにより、抵抗値および容量値を調整する。
Claim (excerpt):
基板、前記基板の一方面上に形成される抵抗体として働く第1の線路、前記基板の一方面上において、前記第1の線路との間に分布容量が発生するように形成される第2の線路、および前記基板の一方面上において、前記第1の線路との間に分布容量が発生するように形成される第3の線路を含む、分布定数型RC素子。
IPC (3):
H03H 7/06 ,  H01G 17/00 ,  H03H 11/04
FI (4):
H03H 7/06 ,  H03H 11/04 C ,  H03H 11/04 F ,  H01G 4/40 307 Z
F-Term (15):
5E082BB01 ,  5E082BC11 ,  5E082DD02 ,  5E082EE04 ,  5E082EE23 ,  5E082PP02 ,  5J024AA01 ,  5J024CA09 ,  5J024DA04 ,  5J024EA07 ,  5J098AA02 ,  5J098AA11 ,  5J098AA14 ,  5J098AB31 ,  5J098AD01

Return to Previous Page