Pat
J-GLOBAL ID:200903003845444743

偽装材

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 萩原 亮一 (外2名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1997218435
Publication number (International publication number):1999063893
Application date: Aug. 13, 1997
Publication date: Mar. 05, 1999
Summary:
【要約】【課題】 対可視光、対近赤外線又は対遠赤外線のいずれについても優れた偽装効果を有し、環境や気象条件の変化にも対応可能な偽装材を提供すること。【解決手段】 フィルム又は繊維布からなる基材の表面に、バインダー樹脂中に熱放射率の小さい金属の微粒子及び顔料を分散させた表面層を形成し、裏面にアルミニウム箔を貼着させた構成を有し、熱放射率が0.5〜0.9の範囲にあることを特徴とする偽装材。
Claim (excerpt):
フィルム又は繊維布からなる基材の表面に、バインダー樹脂中に熱放射率の小さい金属の微粒子及び顔料を分散させた表面層を形成し、裏面にアルミニウム箔を貼着させた構成を有し、熱放射率が0.5〜0.9の範囲にあることを特徴とする偽装材。
IPC (3):
F41H 3/02 ,  B32B 15/08 ,  B32B 27/20
FI (4):
F41H 3/02 ,  B32B 15/08 N ,  B32B 15/08 E ,  B32B 27/20 Z
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (7)
  • 特開平3-028697
  • 積雪用偽装網
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平7-114635   Applicant:東レ株式会社
  • 迷彩加工テント地
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平3-186724   Applicant:ユニチカ株式会社, 株式会社クラレ, 帝国繊維株式会社, トスコ株式会社
Show all
Cited by examiner (1)
  • 特開平3-028697

Return to Previous Page