Pat
J-GLOBAL ID:200903003860189300

振動制御機構

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (4): 中島 淳 ,  加藤 和詳 ,  西元 勝一 ,  福田 浩志
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2004036432
Publication number (International publication number):2004169549
Application date: Feb. 13, 2004
Publication date: Jun. 17, 2004
Summary:
【課題】 橋台或いは橋脚の耐震性能を向上させることを課題とする。【解決手段】 橋脚194の上に積層ゴム196が設置され、この積層ゴム196の上に橋桁192が架設されている。積層ゴム196を通じて、橋桁192が受ける荷重が軸力として橋脚194へ伝達される。この積層ゴム196は、水平方向に変形して橋桁192に追従するので、耐震性能が向上する。【選択図】 図1
Claim 1:
橋台或いは橋脚の上に架設される橋桁の振動を抑える振動制御機構において、 前記橋台或いは橋脚と前記橋桁の間に介在され、橋桁が受ける荷重を軸力として橋台或いは橋脚へ伝達すると共に、橋桁の動きに追従して変形する減衰材と、前記橋桁に一端が回転可能に取付けられた第1アームと、前記橋台或いは橋脚に一端が回転可能に取付けられた第2アームと、所定の角度を持たせて前記第1アームと前記第2アームの自由端を回転可能に連結する連結部材と、前記橋台或いは橋脚に設けられ前記連結部材の円弧運動を減衰するエネルギー吸収手段と、有することを特徴とする振動制御機構。
IPC (6):
E01D1/00 ,  E01D19/02 ,  E01D19/04 ,  E04H9/02 ,  F16F15/02 ,  F16F15/04
FI (6):
E01D1/00 Z ,  E01D19/02 ,  E01D19/04 B ,  E04H9/02 311 ,  F16F15/02 L ,  F16F15/04 P
F-Term (18):
2D059AA03 ,  2D059AA05 ,  2D059AA37 ,  2D059GG02 ,  2D059GG13 ,  2D059GG17 ,  2D059GG33 ,  2D059GG35 ,  2D059GG56 ,  2D059GG59 ,  3J048AA02 ,  3J048AC01 ,  3J048AC04 ,  3J048BA08 ,  3J048BE01 ,  3J048BE11 ,  3J048DA01 ,  3J048EA39
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1) Cited by examiner (1)

Return to Previous Page