Pat
J-GLOBAL ID:200903003879145397

内燃機関用燃焼式ヒータの制御装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 遠山 勉 (外3名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1998328645
Publication number (International publication number):1999264366
Application date: Nov. 18, 1998
Publication date: Sep. 28, 1999
Summary:
【要約】【課題】燃焼式ヒータにて発生した排気ガスを内燃機関の吸気系に導入した場合においても、内燃機関の燃焼室での燃焼を良好にする。【解決手段】燃焼式ヒータ7はポンプ7bによって燃料を導入すると共にファン7cによって新気を導入し燃焼を行う。また、燃焼式ヒータ7にて発生した排気ガスは機関本体1の吸気通路2に導入される。電子制御ユニット15は機関本体1に供給される燃料量に基づきポンプ7b及びファン7cの回転数を制御して燃焼式ヒータでの燃焼状態を制御する。機関本体1の燃焼室での燃焼を良好にすることができる。
Claim (excerpt):
燃料の燃焼により内燃機関の関連要素を加熱すると共に、前記燃料の燃焼時に発生する排気ガスを上記内燃機関の吸気系に排出せしめる内燃機関用燃焼式ヒータの制御装置において、前記制御装置は、エンジン負荷に基づき燃焼式ヒータの燃焼状態を制御するようにしたことを特徴とする内燃機関用燃焼式ヒータの制御装置。
IPC (4):
F02N 17/047 ,  B60H 1/22 ,  F01P 3/20 ,  F02N 17/06
FI (5):
F02N 17/047 D ,  B60H 1/22 ,  F01P 3/20 E ,  F01P 3/20 H ,  F02N 17/06 A
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (3)
  • 特開昭62-223460
  • 特開昭63-071409
  • 特開昭60-244615
Cited by examiner (3)
  • 特開昭62-223460
  • 特開昭63-071409
  • 特開昭60-244615

Return to Previous Page