Pat
J-GLOBAL ID:200903003893089572

たわみ補正装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 山口 義雄
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1997206443
Publication number (International publication number):1999046906
Application date: Jul. 31, 1997
Publication date: Feb. 23, 1999
Summary:
【要約】【課題】 棚板に加わる荷重によってたわみを生じたときに、このたわみを下方からの押し上げ力で補正する。【解決手段】 棚板10の裏面側に角柱状の補強部材14が配置されている。この補強部材14は、その両端側が棚板10に固定されており、当該補強部材14の中央部にはねじ軸20が貫通して配置されている。棚板10にたわみが生じたときは、ねじ軸20をねじ込んで先端位置を上昇させる。そして、補強部材14は元の位置に戻ろうとする弾性を発揮し、この弾性がねじ軸20に伝達されることで棚板10に上方への押し上げ力が付与されてたわみが補正される。
Claim (excerpt):
荷重受け部材と、この荷重受け部材の裏面側に配置される補強部材とからなり、前記補強部材の少なくとも一箇所に、前記荷重受け部材を下方より押し上げ可能な進退部材を設けたことを特徴とするたわみ補正装置。

Return to Previous Page