Pat
J-GLOBAL ID:200903003916649287

石膏歯列模型の取付固定装置および取付固定方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 稲葉 昭治 (外1名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1997106741
Publication number (International publication number):1998277063
Application date: Apr. 09, 1997
Publication date: Oct. 20, 1998
Summary:
【要約】【課題】 固定ピンの使用本数を最小限に抑えて石膏歯列模型の加工形成にかかるコストの低減と作業効率の向上を達成できる石膏歯列模型の取付固定装置および取付固定方法を提供する。【解決手段】 治療歯部位18aとその他の任意の非治療歯部位18bに頭部15bを埋設した有頭ピン15の本体部15aを、ベース基材2、3側の中空スリーブ14埋設位置に合致して石膏歯列模型18の底部から垂下すると共に、上記各有頭ピン15が嵌入する中空スリーブ14を除く他の中空スリーブ14に、上部がベース基材2、3の一面と面一をなす無頭ピン16を挿脱自在に嵌入した。
Claim (excerpt):
咬合器装着用のベース基材に、開口部が当該ベース基材の一面と面一をなす複数の中空スリーブを歯列に沿って所定間隔毎に立姿状に埋設し、印象より離脱した治療歯部位を含む石膏歯列模型を、当該中空スリーブに嵌入する固定ピンを介してベース基材に着脱自在に固定するように構成した石膏歯列模型の取付固定装置であって、上記治療歯部位に頭部を埋設した有頭ピンの本体部と、当該治療歯部位を除く任意の非治療歯部位に頭部を埋設した有頭ピンの本体部を、それぞれに対応するベース基材側の中空スリーブ埋設位置に合致して石膏歯列模型の底部から垂下すると共に、上記各有頭ピンが嵌入する中空スリーブを除く他の中空スリーブに、上部がベース基材の一面と面一をなす無頭ピンを挿脱自在に嵌入し、患者毎に治療歯部位の異なる石膏歯列模型を、同一のベース基材に対する無頭ピンの嵌入位置変更で装着可能としたことを特徴とする石膏歯列模型の取付固定装置。
IPC (2):
A61C 13/34 ,  A61C 11/00
FI (2):
A61C 13/34 A ,  A61C 11/00 Z

Return to Previous Page