Pat
J-GLOBAL ID:200903003940187677

光合成微生物培養装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2002114000
Publication number (International publication number):2007129901
Application date: Mar. 12, 2002
Publication date: May. 31, 2007
Summary:
【課題】効率的に光合成微生物懸濁液を撹拌できる光合成微生物培養装置を提供する。【解決手段】液体の固体に対する付着力及び表面張力による作用と空気の浮揚力を利用した循環器を備えた光合成微生物培養装置に構成した。【選択図】図2
Claim (excerpt):
光合成微生物を液体培養するための装置であって、 該装置が、 (ア)光合成微生物懸濁液mの流入口aを備え、かつその内部上方に気体を収納するための気相部gを有する上部密閉容器b (イ)上部密閉容器内bの上部隔壁の下方気相部g内であって、光合成微生物懸濁液mの流入口aより上方の位置に開口し、上部隔壁を貫通しほぼ鉛直上方に伸びる流出管d (ウ)気相部g内に気体を圧入するための送気管f よりなる光合成微生物懸濁液循環器p、 気相部g内に気体を圧入するための気体圧入機e 及び 光合成微生物懸濁液を満たし、光照射下光合成微生物を増殖せしめるための浅い水路状に構成された光合成微生物培養槽c、を備え、 流出管dを光合成微生物培養槽cの上流部に、流入口aに接続した管を該光合成微生物培養槽cの下流部に、それぞれ開口させると共に、光合成微生物培養槽cの流入口a又は流入口aに接続する管、流出管dの少なくとも1つに、下流部から上部密閉容器bを経て上流部にいたる流れのみを許す一方向弁vを、配備したことを特徴とする光合成微生物培養装置。
IPC (2):
C12M 1/00 ,  C12N 1/12
FI (2):
C12M1/00 E ,  C12N1/12 A
F-Term (18):
4B029AA02 ,  4B029BB04 ,  4B029BB05 ,  4B029CC01 ,  4B029DA10 ,  4B029DB19 ,  4B029DF05 ,  4B029DF10 ,  4B029DG06 ,  4B029DG10 ,  4B065AA83X ,  4B065AA84X ,  4B065BC05 ,  4B065BC08 ,  4B065BC48 ,  4B065BC50 ,  4B065CA41 ,  4B065CA43

Return to Previous Page