Pat
J-GLOBAL ID:200903003968121760

カラー感熱プリンタ

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 小林 和憲
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2004090108
Publication number (International publication number):2005271470
Application date: Mar. 25, 2004
Publication date: Oct. 06, 2005
Summary:
【課題】 省電力で小型化したカラー感熱プリンタを提供する。【解決手段】 外装カバー11の上面11aには、記録紙12の搬送路に対面する位置に照射口11bが形成されている。この照射口11bは、プリンタ本体内に外光を採り込む採光部である。この照射口11bの下方には、照射口11bから入射する外光のうち、マゼンタ感熱発色層を光定着させる波長域の光を遮断するフィルタ32が配置され、フィルタ移動機構33によって、照射口11bと搬送路上の記録紙12との間の光路内に挿入されてマゼンタ定着光を遮断する遮蔽位置と、光路内から退避する退避位置との間で移動される。また、システムコントローラ21は、フィルタ移動機構33を制御して、イエロー感熱発色層を光定着させる時に、フィルタ32を遮断位置に移動させ、マゼンタ感熱発色層を光定着する時に、フィルタ32を退避位置に移動させる。【選択図】 図1
Claim (excerpt):
支持体上に最上層から順に、それぞれ異なる色に発色する第1〜第3感熱発色層が層設され、少なくとも前記第1及び第2感熱発色層が、それぞれ特有な波長域の第1及び第2定着光による光定着性を備えているカラー感熱記録紙を用い、前記第1〜第3の各感熱発色層を加熱して各色の画像を順次熱記録するとともに、記録済みの前記第1及び第2感熱発色層に対して、それぞれ前記第1及び第2定着光を照射することにより、光定着を施すカラー感熱プリンタにおいて、 前記カラー感熱記録紙の搬送路に対面する位置に設けられ、プリンタ本体内に外光を採り入れる採光部と、 前記採光部から採り込んだ前記外光のうち、前記第2定着光の波長域の光を遮断するフィルタと、 前記採光部から前記感熱記録紙に照射される光路内に挿入されて前記第2定着光を遮断する遮断位置と、前記光路内から退避する退避位置との間で前記フィルタを移動させるフィルタ移動機構と、 前記フィルタ移動機構を制御して、前記第1感熱発色層を光定着させる時に、前記フィルタを前記遮断位置に移動させ、前記第2感熱発色層を光定着する時に、前記フィルタを前記退避位置に移動させる制御手段とを備えたことを特徴とするカラー感熱プリンタ。
IPC (1):
B41J2/32
FI (1):
B41J3/20 109J
F-Term (7):
2C065AA01 ,  2C065AB01 ,  2C065AC01 ,  2C065AC04 ,  2C065AF01 ,  2C065CJ02 ,  2C065CJ05
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)

Return to Previous Page