Pat
J-GLOBAL ID:200903004010320926

プラントモデル構築装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (4): 吉武 賢次 ,  永井 浩之 ,  岡田 淳平 ,  勝沼 宏仁
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2004254529
Publication number (International publication number):2006072637
Application date: Sep. 01, 2004
Publication date: Mar. 16, 2006
Summary:
【課題】 複数のプラント施設と、各プラント施設に配置されたプラント機器とを有するプラントの構成そのものが変化した場合であっても、所望のプラントモデルをプラントの構成の変化に応じて構築することによりその変化に対応することができるプラントモデル構築装置を提供すること。【解決手段】 プラントモデル構築装置は、複数のプラント施設2とプラント機器3とを有するプラントを表示するモニタ1と、モニタ1に表示されたプラント施設2およびプラント機器3の構成を作成または修正し、所望の構成を設定するプラント構成設定手段1aとを備えている。接続情報解析手段5は、設定された構成が、プラントモデルを構築するのに適切であるか否かを解析する。プラントモデル構築手段6は、適切であると解析された構成に基づいて、プラント機器3の特性方程式を選択してプラントモデルを構築する。【選択図】 図1
Claim (excerpt):
複数のプラント施設と、各プラント施設間に配置されたプラント機器とを有するプラントに関するプラントモデルを構築するプラントモデル構築装置において、 複数のプラント施設と、各プラント施設間に配置されたプラント機器とを有するプラントを表示するモニタと、 モニタに表示されたプラントのうちプラント機器の構成を作成または修正し、所望のプラントの構成を設定するプラント構成設定手段と、 プラント構成設定手段において設定されたプラント機器の構成が、プラントモデルを構築するのに適切であるか否かを解析する接続情報解析手段と、 接続情報解析手段によりプラントモデルを構築するのに適切であると解析されたプラント機器の構成に基づいて、各プラント機器の特性方程式が内蔵されたデータリストから所望の特性方程式を選択することによりプラントモデルを構築するプラントモデル構築手段と、 を備えたことを特徴とするプラントモデル構築装置。
IPC (1):
G05B 23/02
FI (1):
G05B23/02 P
F-Term (6):
5H223AA01 ,  5H223BB01 ,  5H223DD03 ,  5H223DD07 ,  5H223EE06 ,  5H223FF05
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2)
  • 予防保全方法
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平8-174566   Applicant:株式会社日立製作所
  • 調整支援システム
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平5-093892   Applicant:中部電力株式会社, 極東貿易株式会社, 日本ベーレー株式会社
Cited by examiner (7)
Show all

Return to Previous Page