Pat
J-GLOBAL ID:200903004041778769

電動パワーステアリング装置の制御装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (3): 安形 雄三 ,  五十嵐 貞喜 ,  北野 進
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2005316073
Publication number (International publication number):2007118858
Application date: Oct. 31, 2005
Publication date: May. 17, 2007
Summary:
【課題】簡単で小型かつ低コストな3相下流シャント方式による電流検出を行うと共に、スイッチングノイズの影響による相電流実値と電流検出値との乖離をなくすようにした操舵性の良い電動パワーステアリング装置の制御装置を提供する。【解決手段】PWM制御部に3相電流指令値を入力し、複数の駆動素子で成る3相インバータに前記PWM制御部からデューティ信号を与えて3相モータをPWM駆動してアシストすると共に、前記3相モータの相電流を前記3相インバータに接続された2相又は3相下流シャント方式の電流検出手段で検出して制御部にフィードバックするようになっている電動パワーステアリング装置の制御装置において、前記相電流の検出値をサンプルホールドするサンプルホールド部と、前記デューティ信号のうちの最小値のものを選択して前記サンプルホールド部のサンプルホールド信号とするサンプルホールド信号発生部とを設ける。【選択図】 図1
Claim (excerpt):
PWM制御部に3相電流指令値を入力し、複数の駆動素子で成る3相インバータに前記PWM制御部からデューティ信号を与えて3相モータをPWM駆動してアシストすると共に、前記3相モータの相電流を前記3相インバータに接続された2相又は3相下流シャント方式の電流検出手段で検出して制御部にフィードバックするようになっている電動パワーステアリング装置の制御装置において、前記相電流の検出値をサンプルホールドするサンプルホールド部と、前記デューティ信号のうちの最小値のものを選択して前記サンプルホールド部のサンプルホールド信号とするサンプルホールド信号発生部とを具備したことを特徴とする電動パワーステアリング装置の制御装置。
IPC (3):
B62D 6/00 ,  B62D 5/04 ,  H02P 6/16
FI (3):
B62D6/00 ,  B62D5/04 ,  H02P6/02 321N
F-Term (33):
3D232CC08 ,  3D232CC48 ,  3D232DA15 ,  3D232DA23 ,  3D232DA64 ,  3D232DC01 ,  3D232DC02 ,  3D232DC03 ,  3D232DC08 ,  3D232DC17 ,  3D232DD01 ,  3D232DD02 ,  3D232DD10 ,  3D232DD17 ,  3D232EA01 ,  3D232EC23 ,  3D232GG01 ,  3D233CA02 ,  3D233CA03 ,  3D233CA13 ,  3D233CA16 ,  3D233CA20 ,  3D233CA21 ,  5H560AA10 ,  5H560BB04 ,  5H560BB12 ,  5H560DA14 ,  5H560DB14 ,  5H560EB01 ,  5H560EC01 ,  5H560RR03 ,  5H560UA05 ,  5H560XA12
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (5)
  • 特許第3245727号公報
  • 特開平2-307070
  • インバータの出力電流検出方法
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平8-227509   Applicant:株式会社安川電機
Show all
Cited by examiner (4)
Show all

Return to Previous Page