Pat
J-GLOBAL ID:200903004052155461

高度難燃性アクリル系複合繊維

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 吉沢 敏夫
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1993258952
Publication number (International publication number):1994212514
Application date: Sep. 24, 1993
Publication date: Aug. 02, 1994
Summary:
【要約】【目的】高度の難燃性を有するとともに、機械的特性の良好なアクリル繊維の提供。【構成】塩化ビニル及び/又は塩化ビニリデンを30〜50重量%含むアクリロニトリル系重合体(A)、アンチモン系化合物(B)及びモノマ-単位中に少なくとも1個の水酸基または1個のアセチル化した水酸基を持つモノマ-を50重量%以上の割合で含むポリマ-(C)の3種の化合物からなり、3種の化合物がそれぞれ(A)40〜90重量部、(B)1〜30重量部、(C)1〜30重量部の範囲でその合計が100重量部となるように共存してなることを特徴とする高度難燃性アクリル系複合繊維。
Claim 1:
塩化ビニル及び/又は塩化ビニリデンを30〜50重量%含むアクリロニトリル系重合体(A)、アンチモン系化合物(B)及びモノマ-単位中に少なくとも1個の水酸基または1個のアセチル化した水酸基を持つモノマ-を50重量%以上の割合で含むポリマ-(C)の3種の化合物からなり、3種の化合物がそれぞれ(A)40〜90重量部、(B)1〜30重量部、(C)1〜30重量部の範囲でその合計が100重量部となるように共存してなることを特徴とする高度難燃性アクリル系複合繊維。
IPC (6):
D01F 6/54 ,  D01F 1/07 ,  D01F 6/40 ,  C08K 3/20 ,  C08L 27/08 LFU ,  C08L 33/20 LJN
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)
  • 特開昭56-000309
Cited by examiner (1)
  • 特開昭56-000309

Return to Previous Page