Pat
J-GLOBAL ID:200903004097026301

ポリプロピレンモノフイラメント縫合糸の製造方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 小田島 平吉
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1997104011
Publication number (International publication number):1998052432
Application date: Apr. 08, 1997
Publication date: Feb. 24, 1998
Summary:
【要約】【課題】 保持期間を短くする。【解決手段】 2回の分離された延伸段階において約4倍から約8.5倍の範囲で延伸されたポリプロピレンフィラメントを2日以下熟成し、次いでポリプロピレン縫合糸を提供するようにポリプロピレンフィラメントをアニーリングする。
Claim (excerpt):
(a)2回の分離した延伸段階で約4倍かた約8.5倍の範囲で延伸されたポリプロピレンフィラメントを2日以下熟成し、次いで(b)ポリプロピレン縫合糸を提供するようにポリプロピレンフィラメントをアニーリングすることを含んだポリプロピレンモノフィラメント縫合糸の製造方法。
IPC (3):
A61B 17/04 ,  A61L 17/00 ,  D02J 1/22
FI (3):
A61B 17/04 ,  A61L 17/00 ,  D02J 1/22 L
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (2)
  • 特開平3-206143
  • 特開平3-206143

Return to Previous Page