Pat
J-GLOBAL ID:200903004117858171

自動車のスライドドア取付部の構造

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 三好 秀和 (外8名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1998344482
Publication number (International publication number):2000168625
Application date: Dec. 03, 1998
Publication date: Jun. 20, 2000
Summary:
【要約】【課題】 レールメンバの支持剛性の向上と、シーリング作業性を向上とを両立することのできる自動車のスライドドア取付部の構造の提供を図る。【解決手段】 車両前後方向に延び、スライドドア9のロアローラ13を支承するレールメンバ4と、該レールメンバ4の前端部を閉塞するパネルブラケット3とを備え、該パネルブラケット3の前面をサイドメンバ1とサイドシルのシルインナ10とに跨設したアウトリガー2に接合して、前記レールメンバ4を固定するようにしてあるため、別途補強構造を設けずとも、レールメンバ4の支持剛性を向上することができると共に、レールメンバ4とサイドメンバ1とを離間配置してあるので、レールメンバ4の接合部のシーリング作業性を向上することができる。
Claim (excerpt):
車両前後方向に延び、スライドドアのロアローラを支承し、内側端がサイドメンバから離間する平面視略L字型のレールメンバと、該レールメンバの前端部に接合され、前記レールメンバの前端部を閉塞するパネルブラケットとを備えると共に、該パネルブラケットの前面を前記サイドメンバとサイドシルとに跨設したアウトリガーに接合して、前記レールメンバを固定するようにしたことを特徴とする自動車のスライドドア取付部の構造。
IPC (2):
B62D 25/20 ,  B60J 5/06
FI (2):
B62D 25/20 F ,  B60J 5/06 A
F-Term (8):
3D003AA01 ,  3D003AA07 ,  3D003AA11 ,  3D003BB01 ,  3D003CA14 ,  3D003CA17 ,  3D003CA18 ,  3D003DA17
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2)
  • 自動車の下部車体構造
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平3-324181   Applicant:マツダ株式会社
  • サイドシル構造
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平9-140940   Applicant:日産車体株式会社
Cited by examiner (2)
  • 自動車の下部車体構造
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平3-324181   Applicant:マツダ株式会社
  • サイドシル構造
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平9-140940   Applicant:日産車体株式会社

Return to Previous Page