Pat
J-GLOBAL ID:200903004139480180

ペプチダーゼ及びそれを使用した方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2006008345
Publication number (International publication number):2007189906
Application date: Jan. 17, 2006
Publication date: Aug. 02, 2007
Summary:
【課題】 発電所等の海水利用プラントの取水口や、漁業施設に、クラゲが襲来して大量の難処理廃棄物となった場合に、これを効率よく分解又は減容する新たな手法が求められており、また、クラゲの襲来を未然に防ぐことを可能とするクラゲの駆除方法も求められている。【解決手段】 難処理廃棄物となったクラゲを、EC 3.4に分類されるペプチダーゼ、好ましくは、Bacillus sp. 97001株が産生するペプチダーゼ若しくはその類似酵素で処理することにより分解又は減容を図り、該難処理廃棄物となったクラゲの最終処分を容易にならしむるペプチダーゼとその利用法を提供する。【選択図】 なし
Claim (excerpt):
EC 3.4 に分類され、かつ、クラゲを分解しえるペプチダーゼ。
IPC (4):
C12N 9/54 ,  B09B 3/00 ,  C12N 1/20 ,  A01M 25/00
FI (4):
C12N9/54 ,  B09B3/00 304Z ,  C12N1/20 A ,  A01M25/00
F-Term (30):
2B121AA06 ,  2B121CC16 ,  2B121CC33 ,  2B121EA30 ,  4B050CC01 ,  4B050DD02 ,  4B050EE03 ,  4B050EE04 ,  4B050FF05E ,  4B065AA15X ,  4B065AC14 ,  4B065BB02 ,  4B065BB03 ,  4B065BB19 ,  4B065BB29 ,  4B065BC02 ,  4B065BC03 ,  4B065BC08 ,  4B065CA33 ,  4B065CA54 ,  4D004AA04 ,  4D004CA04 ,  4D004CA15 ,  4D004CA20 ,  4D004CB13 ,  4D004CB21 ,  4D004DA01 ,  4D004DA02 ,  4D004DA06 ,  4D004DA20
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (6)
Show all

Return to Previous Page