Pat
J-GLOBAL ID:200903004145528187

インクジェットヘッドおよびその製造方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (6): 深見 久郎 ,  森田 俊雄 ,  仲村 義平 ,  堀井 豊 ,  野田 久登 ,  酒井 將行
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2002367049
Publication number (International publication number):2004136634
Application date: Dec. 18, 2002
Publication date: May. 13, 2004
Summary:
【課題】チャンネル溝で生じるインクの圧力波の残留振動を抑制することによって、インクの吐出を安定化させ、高速印字が可能なインクジェットヘッドおよびその製造方法を提供する。【解決手段】チャンネル壁2に隔てられるようにしてチャンネル溝3が形成されたベース部材1と、チャンネル壁2の上面の少なくとも一部に接合されたカバー部材6とを備えるインクジェットヘッドであって、チャンネル壁2とカバー部材6とが接合されている面の延長上にほぼ平面的に広がり、圧力波を減衰するための間隙部を備える。好ましくは、間隙部はカバー部材6に形成された第1凹部20とチャンネル壁2の上面とで挟まれる領域を含む。【選択図】 図1
Claim 1:
チャンネル壁に隔てられるようにしてチャンネル溝が形成されたベース部材と、 前記チャンネル壁の上面の少なくとも一部に接合されたカバー部材と を備える、インクジェットヘッドであって、 前記チャンネル壁と前記カバー部材とが接合されている面の延長上にほぼ平面的に広がり、圧力波を減衰するための間隙部を備えるインクジェットヘッド。
IPC (3):
B41J2/045 ,  B41J2/055 ,  B41J2/16
FI (2):
B41J3/04 103A ,  B41J3/04 103H
F-Term (13):
2C057AF08 ,  2C057AF93 ,  2C057AG30 ,  2C057AG45 ,  2C057AP22 ,  2C057AP25 ,  2C057AP31 ,  2C057AP52 ,  2C057AP54 ,  2C057AP55 ,  2C057BA05 ,  2C057BA13 ,  2C057BA14
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (4)
Show all
Cited by examiner (3)

Return to Previous Page