Pat
J-GLOBAL ID:200903004153032220

自動車用サンバイザのセンターヒンジ構造

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 麻野 義夫
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1996214150
Publication number (International publication number):1998035277
Application date: Jul. 25, 1996
Publication date: Feb. 10, 1998
Summary:
【要約】【課題】 外径が異なるコアワイヤーにがたつかないように嵌合させて異音の発生を防止すると共に、共用化により種類を減少してコストダウンが図れる自動車用サンバイザのセンターヒンジ構造を提供する。【解決手段】 バイザ本体1の一端側が車体のステー2で回動自在に支持されると共に、バイザ本体1の他端側のセンターヒンジ6が車体のホルダー4で支持される自動車用サンバイザにおいて、上記センターヒンジ6は、中心穴6cがバイザ本体1のコアワイヤー5(A,B)に嵌合され、この中心穴6cにはコアワイヤー5(A,B)の外周と接触する部分に可撓性の突部6dが一体成形されている。
Claim 1:
バイザ本体の一端側が車体のステーで回動自在に支持されると共に、バイザ本体の他端側のセンターヒンジが車体のホルダーで支持される自動車用サンバイザにおいて、上記センターヒンジは、中心穴がバイザ本体のコアワイヤーに嵌合され、この中心穴には、コアワイヤーの外周と接触する部分に可撓性の突部が一体成形されていることを特徴とする自動車用サンバイザのセンターヒンジ構造。
IPC (2):
B60J 3/02 ,  F16C 11/10
FI (2):
B60J 3/02 H ,  F16C 11/10 A
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)
  • 自動車用サンバイザー
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平6-172846   Applicant:株式会社ネオックスラボ

Return to Previous Page