Pat
J-GLOBAL ID:200903004168771950

ヘアカット用ラインマーキング装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 福留 正治
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2005204026
Publication number (International publication number):2007020686
Application date: Jul. 13, 2005
Publication date: Feb. 01, 2007
Summary:
【課題】、バリアートカットに際して、頭部にラインを下書きすることのできるヘアカット用ラインマーキング装置を提供する。 【解決手段】洗落とし可能な着色剤が充填されたエアゾール容器1の頭部から突出するバルブステム3に、押しボタン10を嵌着し、その指による操作によりバルブステム3を作動させる。押しボタン10に、長さが少なくとも10mmのパイプ状のノズル19が突設されると共に、先端開口縁がノズル19の先端領域に位置し、かつ間隔を置いてノズル19を包囲する透明性のノズルカバー17を備える。 【選択図】図1
Claim (excerpt):
洗落とし可能な着色剤が充填されたエアゾール容器の頭部から突出するバルブステムに、噴射ヘッドを嵌着し、その指による操作によりバルブステムを作動させるようになったヘアカット用ラインマーキング装置であって、 前記噴射ヘッドに、長さが少なくとも10mmのパイプ状のノズルが突設されると共に、先端開口縁がノズル先端領域に位置し、かつ間隔を置いてノズルを包囲する透明性のノズルカバーを備えたことを特徴とするヘアカット用ラインマーキング装置。
IPC (2):
A45D 44/02 ,  B65D 83/40
FI (2):
A45D44/02 Z ,  B65D83/14 E
F-Term (6):
3E014PA01 ,  3E014PB01 ,  3E014PD01 ,  3E014PE15 ,  3E014PE16 ,  3E014PE25

Return to Previous Page