Pat
J-GLOBAL ID:200903004169264571

遊技店における遊技島

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 福田 武通 (外2名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1995319789
Publication number (International publication number):1997135959
Application date: Nov. 15, 1995
Publication date: May. 27, 1997
Summary:
【要約】【課題】 列設した遊技機の間のスペースを有効に活用すると共に、遊技者の利便を図ることができ、また店員の労力を削減可能な遊技島を提供する。【解決手段】 隣接する遊技機1の間を、当該遊技機1を形成する前面枠11とほゞ面一に閉塞する基板5と、この基板5に対して下縁側を回動自在に止着した回動部材6とを有し、回動部材6は、基板5に開設した開口部51を閉塞可能な前板61と、被支持物Pを上記前板61上に起立状態で支持可能に形成した支持手段7と、回動した前板61をほゞ水平状態に保持するための係止手段8とを備え、上記前板61を起立させたとき、支持手段7を基板5に開設した開口部51内に収設すると共に当該開口部51を閉塞して、遊技機1の間に化粧を施す。
Claim (excerpt):
複数の遊技機を列設すると共に、隣接する遊技機の間に化粧装置を配設して構成する遊技島であって、上記化粧装置は、隣接する遊技機の間を、遊技機の前面枠とほゞ面一に閉塞する基板と、該基板に対して回動自在に止着した回動部材とを有し、上記回動部材は、基板に開設した開口部を閉塞可能な前板と、被支持物を上記前板上に起立状態で支持可能に形成した支持手段と、回動した前板をほゞ水平状態に保持する係止手段とを備え、上記前板を起立させたとき、当該前板により開口部を閉塞すると共に、支持手段を開口部内に収納し、回動して係止手段により水平状態を保つ前板に、被支持物を載置すると共に、当該被支持物を支持手段により起立状態で支持可能にしたことを特徴とする遊技店における遊技島。
IPC (2):
A63F 7/02 349 ,  A63F 7/02 355
FI (2):
A63F 7/02 349 Z ,  A63F 7/02 355 C
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (4)
Show all

Return to Previous Page