Pat
J-GLOBAL ID:200903004202269800

パケット経路追跡システム

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2005076269
Publication number (International publication number):2006262036
Application date: Mar. 17, 2005
Publication date: Sep. 28, 2006
Summary:
【課題】 パケットログ記録装置間の時刻が異なる場合であっても正確にパケットの伝播経路の追跡が可能なパケット経路追跡システムを実現する。【解決手段】 ネットワークを伝播するパケットの伝播経路を追跡するパケット経路追跡システムにおいて、伝播するパケットの情報を記録すると共にログ情報の要求があった場合にパケットログ集約装置の時刻で補正された検索時刻範囲に記録されている検索対象パケットのログ情報を時刻差と共に返送する複数台のパケットログ記録装置と、検索要求があった場合にログ情報の要求を行い複数台のパケットログ記録装置から取得した時刻差に基づき取得したログ情報のパケット検出時刻を補正して検索結果を生成するパケットログ集約装置と、パケットログ集約装置に検索時刻範囲と検索対象パケットを指定して検索要求を行い検索結果を取得する検索端末とを設ける。【選択図】 図1
Claim (excerpt):
ネットワークを伝播するパケットの伝播経路を追跡するパケット経路追跡システムにおいて、 伝播するパケットの情報を記録すると共にログ情報の要求があった場合にパケットログ集約装置の時刻で補正された検索時刻範囲に記録されている検索対象パケットのログ情報を時刻差と共に返送する複数台のパケットログ記録装置と、 検索要求があった場合に前記ログ情報の要求を行い複数台の前記パケットログ記録装置から取得した前記時刻差に基づき取得した前記ログ情報のパケット検出時刻を補正して検索結果を生成するパケットログ集約装置と、 前記パケットログ集約装置に検索時刻範囲と前記検索対象パケットを指定して前記検索要求を行い前記検索結果を取得する検索端末と を備えたことを特徴とするパケット経路追跡システム。
IPC (2):
H04L 12/56 ,  H04L 12/22
FI (2):
H04L12/56 400Z ,  H04L12/22
F-Term (6):
5K030GA15 ,  5K030HA08 ,  5K030JA10 ,  5K030KA02 ,  5K030MB16 ,  5K030MC08
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (7)
  • 時刻同期システム
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平4-240232   Applicant:日本電気株式会社
  • 時刻同期システム及び伝送装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2000-275559   Applicant:エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社, 日本電信電話株式会社, 株式会社日立製作所
  • データ収集装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2001-117986   Applicant:株式会社東芝, 東芝システムテクノロジー株式会社
Show all

Return to Previous Page