Pat
J-GLOBAL ID:200903004327319052

計算機システム

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 紋田 誠
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1995211283
Publication number (International publication number):1997044423
Application date: Jul. 28, 1995
Publication date: Feb. 14, 1997
Summary:
【要約】【課題】 計算機システムの有するデータ圧縮/復元手段のうち最適なデータ圧縮/復元手段を選択することが可能な計算機システムを提供することである。【解決手段】 データを圧縮する際に、複数のデータ圧縮手段8のすべてに対しデータ圧縮指令を出し、複数のデータ圧縮手段8での圧縮データのうち最も圧縮効果のある圧縮データを選択し、自己の計算機システム1aに保存したり、他の計算機システム1bにその圧縮データを送信したりするためのデータ圧縮制御手段7を備えたものである。
Claim (excerpt):
演算処理したデータを複数のデータ圧縮手段のうち予め定められたデータ圧縮手段でデータ圧縮し、その圧縮データをネットワークを介して他の計算機システムに伝送したり、複数のデータ復元手段のうち前記データ圧縮に対応したデータ復元手段にて前記圧縮データを復元し自己の計算機システムで使用したりする計算機システムにおいて、前記データを圧縮する際に前記複数のデータ圧縮手段のすべてに対しデータ圧縮指令を出し、前記複数のデータ圧縮手段での圧縮データのうち最も圧縮効果のある圧縮データを選択し、自己の計算機システムに保存したり、前記他の計算機システムにその圧縮データを送信したりするデータ圧縮制御手段を備えたことを特徴とする計算機システム。
IPC (7):
G06F 13/00 351 ,  G06F 5/00 ,  G06F 12/00 511 ,  G06F 17/30 ,  G10L 9/18 ,  G06F 17/14 ,  H03M 7/30
FI (7):
G06F 13/00 351 A ,  G06F 5/00 H ,  G06F 12/00 511 ,  G10L 9/18 H ,  H03M 7/30 Z ,  G06F 15/40 370 H ,  G06F 15/332 S
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (12)
  • プリント装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平3-210995   Applicant:セイコーエプソン株式会社
  • 特開平1-158825
  • データ符号化方式及びデータ復元方式
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平4-319579   Applicant:富士通株式会社
Show all

Return to Previous Page