Pat
J-GLOBAL ID:200903004338897295

境界層ブローイングを備えた燃焼器入口ディフューザ

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (3): 松本 研一 ,  小倉 博 ,  伊藤 信和
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2003387314
Publication number (International publication number):2004170064
Application date: Nov. 18, 2003
Publication date: Jun. 17, 2004
Summary:
【課題】 ディフューザ流路を囲む環状の壁の境界層への空気のブローイングに関する。【解決手段】 ディフューザ組立体37は、流路表面139を含む発散形の環状の壁38を有する。環状のブロースロット140が、環状の壁38に沿って軸方向に設置され、また環状のブロー空気流路156は、ブロースロット140と流体連通している。ブロースロットの下流においてスクープ160の環状配列が上流側に向いた開口部142を有し、かつブロー空気流路156と流体連通している。中空ストラット64は、スクープ160からのブロー空気58をブロー空気流路156に導くための通路170を有する。ブロースロット140は、ディフューザ流路39に対して下流方向に向いて開口している。ブロー空気流路156を横切って設置されたブロー空気圧縮機ブレード182の列を使用して、ブロー空気58の圧力を上昇させる。【選択図】 図1
Claim (excerpt):
ガスタービンエンジンの燃焼器入口ディフューザ組立体(37)であって、 少なくとも1つの発散形の環状の壁(38)を有し、該環状の壁が、ディフューザ流路(39)を境界づける流路表面(139)を有しているディフューザ(50)と、 前記環状の壁(38)に沿って軸方向に設置された環状の内側ブロースロット(140)と、 を含むことを特徴とする組立体(37)。
IPC (1):
F23R3/16
FI (1):
F23R3/16
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2) Cited by examiner (2)

Return to Previous Page