Pat
J-GLOBAL ID:200903004347096980

データ処理装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 井桁 貞一
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1994203195
Publication number (International publication number):1996069347
Application date: Aug. 29, 1994
Publication date: Mar. 12, 1996
Summary:
【要約】【目的】 本発明は、2次電池の消耗時間予測機構に関し、2次電池の電圧が低下して、作業の中断や、データの破壊が発生することを防止する。【構成】 充電機能を備えた2次電池を、外部電源を接続することなく使用しているパソコン等のデータ処理装置において、該データ処理装置の起動開始時点からの経過時間と、該2次電池の電圧低下特性,及び、電圧低下,電圧デッド時間を複数記憶しておき、電源投入,又は、省電力状態から通常電力状態への復帰を契機として、該2次電池の使用時間を監視して、経過時間を積算し、該経過時間に対応した電池消耗迄の時間を予測して表示する。このとき、上記電圧低下,電圧デッド時間の過去の記憶例から、上記複数個の2次電池の電圧低下特性を選択し、上記選択した2次電池の電圧低下特性に基づいて、上記経過時間に対応した電池消耗迄の時間を予測して表示する。
Claim (excerpt):
充電機能を備えた2次電池を有するデータ処理装置において、該データ処理装置の起動開始時点からの経過時間と、該2次電池の電圧低下特性,及び、又は、電圧低下,電圧デッド時間を複数記憶する手段と、電源投入,又は、省電力状態から通常電力状態への復帰を契機として、該2次電池の使用時間を監視して、経過時間を積算する手段と、該経過時間に対応した電池消耗迄の時間を、上記記憶手段の情報を用いて予測する手段とを備えてなることを特徴とするデータ処理装置。
IPC (2):
G06F 1/28 ,  G06F 11/32
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (2)
  • 特開平3-262019
  • 特開昭64-059516

Return to Previous Page